SEARCH THIS SITE.
PROFILE
ENTRY
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

黄昏によろしく

2級建築士 1級建築施工管理技士 アラフォーリーマンのブログ
<< 勝手 | main | 健康第一 >>
今を生きる
0
    (考察 ; comments(0) ; -)

    【今を生きる】っていう言葉があります。

     

    まぁ当たり前のことで今までそんなに深く考えたことすらなかったです。

    しかしふと思ったんですが、おれって今を生きてるのかな?と。

     

    今やってることの大半はほとんど将来のため。

    それは明日のため、来月のため、1年後のため、30年後のためだったりします。

    貯蓄したり運動して健康な体つくったり資格取るために勉強したりetc...

     

    ということは...もしやこれは今を生きるっていうことではないのではないか??

     

    今を生きる=今できることを一所懸命やる

    という解釈は間違ってないと思います(勝手)

    でも、がむしゃらに今できることを一所懸命やっても、ねぇ。

    例えば朝から晩まで一所懸命餅をついたとして、それは良いことなのか?

    家族や仲間からアホと罵られるに違いない。

    それを商売とするなら良いだろうけど、ただの趣味でやっても。

    喜んでくれる人がいなければ成立しない。

     

    では、誰かに褒められること、誰かのためになることを一所懸命やればいいのか?

    例えば会社で仕事を一所懸命やる。

    被災地に行ってボランティアを一所懸命やる。

    どれも褒められるし他人のためになる。うむ。

     

    では、自分のために何かをするのは?

    先述した「貯蓄したり運動して健康な体つくったり資格取るために勉強したり」は?

    自分のために良かれと思ってることだけど、家族のためになったり会社のためになったりはするよね?

    貯蓄や運動はあまり褒められる機会はないかもしれないけど、資格は会社から褒められるか。

     

    要はあれだ?

    「自分のため、まわりの人間のためになることを一所懸命する」=今を生きる

    ということなのかもしれない。

    じゃあおれは今を生きる人間だ。

     

    スポンサーサイト
    0
      (- ; - ; -)