ENTRY
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

黄昏によろしく

1級建築セコカンに挑戦中...(2年目)
<< 平成29年度学科試験終了 | main | 超快適 >>
敗者復活
0
    (二級建築士 ; comments(0) ; trackbacks(0))

    昨日ブログを更新したあと、お昼過ぎに学校からメールで連絡がありました。

     

    「施工の問題で1問に正答肢が2コあったので、

    ○○さん(僕)の施工の正答数は14→15になり、合計は59→60になります」

     

    え?

    ど、どういうこと...??

     

    すぐ電話をもらって詳細確認すると...

     

    要は問題作成側のミスで、本来正答肢が1コであるべきなのに

    正答肢が複数(今回は2コ)になってしまっている。とのこと。

    本部から通達が入ったそうです。

    本部からの修正の通達なのだからおそらく間違いないとのこと。

    こんなことあり得るんですか?と尋ねると、よくあるとのこと。まま、まじかい!

     

    え、そしたらおれ60点?ギリギリ合格?!

    やばい、吐きそう!胃痛い!ひぃぃ...泣

     

    とりあえず製図講座の受講料全額払って仮契約ということで受講して、

    8/22の合格発表でもし不合格だったら全額返金してもらえるそうです。

    それならもう準備を進めるしかない!!

    って何だこのマンガみたいな展開!!

     

    電話を切ったあと落ち着いて色々調べてみました。

     

    いち早く解答をネット上に公開していた某スクールも、

    施工の1問目は2コ正解の可能性があると追記していました。

     

    二級建築士では見つけられなかったんだけど、一級では意外とあるみたい。

    ひどいときはどれを選んでも正解扱いになってる問題も...笑

    結構ずさんなのね...

    でも一級で問題に間違いがあったときはその問題数分合格基準点が上がってるみたいなんだよね。

    もし今回二級だけどそれやられたら基準点が61点になってその時点で終了か。。

     

    過去の二級の合格基準点を調べてみると...

    過去16年で60点を超えたのは平成16年で63点の1回のみ。

    この年は相当難しかったんでしょうね。

    逆に59点以下になったのは2回のみで、二級の場合ほぼほぼ60点で合格基準点は落ち着いているみたい。

    (こちらのサイトを参照させて頂きました。建築士の塾

     

    そしてその問題を見てました。どの問題だ?お騒がせ野郎は?!あん?!

    おおー!こいつか!1問目のネットワーク工程表の!

    覚えてる覚えてる!よーく覚えてますとも!!

    これは僕もずっと頭を悩ませていて、何回やり直しても正解が2コになってたんです。

    こんな素人でもわかるってことはやはりこれはもう2コ正解扱いで間違いなし!だね。

    あとは合格基準点が上がらないことを願うばかり!

     

    ただこれ他のサイトでも書いてたけどさ、

    そのミス問題に頭を悩めてがっつり時間とられてる人も少なくなくないわけでしょ。

    問題が間違えてるなんて思わないもん普通。

    それで基準点上げられたらたまったもんじゃないですよね。

    トラップ扱いでむしろ下げて欲しいくらいだよ笑

     

    何はともあれ今はまさに首の皮一枚でつながってる感じです。

    でも合格になる可能性の方が高くなったわけで、一気にまたモチベーション復活です。

    敗者復活ですよ!?死ぬ気でやります!食らいついていきますとも!!

    そして今日は早速製図講座の説明会に仕事終了後学校まで行ってきます!うおおぉぉ!

    スポンサーサイト
    0
      (- ; - ; -)










      http://tasogare-rd.jugem.jp/trackback/695